コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンガル湾 ベンガルわん Bay of Bengal

6件 の用語解説(ベンガル湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンガル湾
ベンガルわん
Bay of Bengal

インド洋北東部の大湾。西をインド,スリランカ,北をバングラデシュ,東をミャンマーマレー半島北半部にはさまれる。水深は南部では 3000~4000mだが,北部はガンジスブラマプトラ両大河の運ぶ土砂により,著しく遠浅となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベンガル‐わん【ベンガル湾】

インド洋北東部、セイロン島インド半島アンダマン諸島ニコバル諸島に囲まれる海域。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベンガル湾【ベンガルわん】

インド洋北西部,インド半島とミャンマー,マレー半島の間の海域。東部にアンダマン諸島,ニコバル諸島があり,湾奥にガンガー川ブラマプトラ川の大三角州がある。主要港はマドラスコルカタインド),チッタゴン(バングラデシュ),シットウェ(ミャンマー)。
→関連項目インド洋コロマンデル海岸マハナディ[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベンガルわん【ベンガル湾 Bay of Bengal】

北緯10゜以北のインド洋のうち,インド半島の東方に広がる海域。東限はミャンマーのアラカン海岸からアンダマン諸島を結ぶ線で,東西幅の最大は約1300km。したがって湾とは名ばかりで,〈海〉と呼ぶにふさわしい広さと深さ(水深2000~4000m)とを有し,島はない。湾奥にあたる北端はガンガー(ガンジス)川の三角州によって埋没され,さらにその前面170kmまで大陸棚横たわる。また,半島部の海岸にもマハナディ,ゴーダーバリー,クリシュナー,カーベーリなどの三角州が並ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベンガルわん【ベンガル湾】

インド洋北東部、インド半島とインドシナ半島との間にある海域。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンガル湾
べんがるわん
Bay of Bengal

インド洋北東部にある大湾。東はミャンマー(ビルマ)とインド領のアンダマン諸島、ニコバル諸島、北はバングラデシュ、西はインドに囲まれ、南西端にセイロン島が位置する。面積220万平方キロメートル。海底は比較的単調で、東部に東経九十度海嶺(かいれい)が南北に直線的な高まりをつくるほかは、ガンジス深海扇状地とよばれる深さ1500~4000メートルの平坦(へいたん)面が広がる。湾奥のガンジス・デルタの沖では100メートル等深線が220キロメートルほど張り出し、かつての陸上水系が沈降した沈水谷がみられる。夏には熱帯低気圧が多く発生し、北東部の沿岸はしばしば被害を受ける。古くから海上貿易が盛んで、湾岸にはインドのコルカタ(カルカッタ)、チェンナイ(マドラス)、バングラデシュのチッタゴンなどの港がある。[中田 高]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベンガル湾の言及

【インド洋】より

…面積7491万7000km2,容積2億9194万5000km3,平均水深3897m,最大水深7437mである。付属海は北辺沿いに発達し,西から東へ紅海,アデン湾,ペルシア湾,アラビア海,ベンガル湾とつらなり,ジャワとオーストラリアの間にはチモール海とアラフラ海がある。インド洋中には世界第4の大島マダガスカル島やセイロン島をはじめ,特に西部に島嶼が散在するが,島の数は少ない。…

※「ベンガル湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベンガル湾の関連キーワードインド綿インド赤インド半島東インドインド洋津波警報システムノースランド半島インド洋の死闘激闘インド洋復讐のインド洋インド洋表層海流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベンガル湾の関連情報