コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センモウチュウ(旋毛虫) センモウチュウ Trichinella spiralis

1件 の用語解説(センモウチュウ(旋毛虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

センモウチュウ【センモウチュウ(旋毛虫) Trichinella spiralis】

線形動物双器綱センモウチュウ科の1種。寄生虫の一つで,ヒトその他多くの哺乳類が感染する。成虫の大きさは,雄が長さ1.4~1.6mm,幅0.04~0.06mm,雌が長さ3~4mm,幅0.06~0.07mm。ヒトへの感染は,ブタ,イノシシ,クマ,ウマなどの生肉,加熱不十分な肉料理,乾燥肉,塩蔵肉などを食べることによって起こる。被包に包まれた幼虫を有する肉を食べると,幼虫は小腸内で消化液の作用で被包から出て小腸粘膜に侵入し,数日以内に成虫となり交尾する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

センモウチュウ(旋毛虫)の関連キーワード繊毛旋毛虫袋形動物線形動物忡忡夜光虫烏秋線形虫繊毛虫ランブルベンモウチュウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone