セーデルテリエ(英語表記)Södertälje

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーデルテリエ
Södertälje

スウェーデン中東部,ストックホルム県の都市。首都の南西 29km,メーラレン湖にいたるフィヨルドに面する。 10世紀に建設され,19世紀には温泉保養地として知られたが,現在ではトラック,バス,金属製品,農機具,薬品などを生産する工業都市。ストックホルムから南部の主要都市やノルウェーのオスロにいたる鉄道,道路の分岐点。聖ラグンヒルド聖堂 (11世紀末のものといわれる) をはじめ,古い建造物も多い。人口8万 1670 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android