コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼンリン ゼンリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼンリン

全国市町村の9割をカバーする住宅地図出版社。 1948年別府市で創業し 54年に小倉市に本社を移した善隣出版社を前身に,74年善隣として設立。福岡県内の住宅地図から九州各地,中国地方,全国へとエリアを拡大し,79年には 100万部の大台に迫るまでになった。 83年現社名に変更するとともに,子会社の善隣出版社と日本住宅地図出版を合併して製作・販売を一体化した。 84年住宅地図製作自動化システムを確立,同時に住宅地図情報利用システムを開発した。 86年電子地図を発売,その応用として 92年にはカーナビゲーションソフトを発売するなど,総合的な地図情報会社を目指す。売上構成比は,住宅地図 51%,電子地図 34%,応用地図9%,商品6%。年間売上高 421億 8600万円 (連結) ,資本金 59億 6400万円,従業員数 1981名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゼンリン

1948年創業の住宅地図最大手。カーナビ向け地図情報でもシェア7割を握る。2010年3月期の連結売上高は前期比3%増の517億円。カーナビ向けが好調なのに対し、紙の住宅地図は10%減り、売上高の比率が初めて逆転した。7月には関東と関西で、地図を主体としたネット連動の無料の地域情報紙を創刊。地図の多角的利用をはかる。

(2010-07-03 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ゼンリン

正式社名「株式会社ゼンリン」。英文社名「ZENRIN CO., LTD.」。情報・通信業。昭和49年(1974)「株式会社善隣」設立。同58年(1983)現在の社名に変更。本社は北九州市小倉北区室町。住宅地図出版の最大手。カーナビゲーション向けデータ提供やインターネット向けデータ配信事業などを展開。東京証券取引所第1部・福岡証券取引所上場。証券コード9474。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゼンリンの関連情報