コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソニン(索尼) ソニンSonin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソニン(索尼)
ソニン
Sonin

[生]?
[没]康煕6(1667)
中国,清初の名臣。諡は文忠。ヘシェリ (赫舎里) 氏出身で,父のショセ (碩色) のときハダから来降した正黄旗満州旗人。太祖,太宗に従い各地に転戦したが,特に満・漢・モンゴル語に通じていたので通訳としても重用された。順治1 (1644) 年に睿親王ドルゴン (多爾袞) に従い入閣したが,ドルゴンに加担しなかったとして爵位を下されたが,同8年に順治帝の親政で登用され,二等子の爵を与えられ内大臣兼議政大臣となり,内務府を総管した。順治帝没後,幼年の康煕帝が即位すると遺詔によってオボイ (鼇拝) スクサハ (蘇克薩哈) エビルン (遏必隆) とともに輔政の任についたが,満州時代からの勲臣の立場に立ち,明朝の制度を模倣した内閣,十三衙門などを国初の内三院,内務府に改めるなど国粋主義的政策を展開した。康煕6 (67) 年一等公を授けられたが,同年に病没した。その子にソンゴトゥ (索額図) がいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソニン(索尼)の関連キーワードソンゴトゥ(索額図)スクサハ(蘇克薩哈)エビルン(遏必隆)オボイ(鼇拝)モンゴル語勲臣

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android