コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソビエト・モンゴル友好協定 ソビエトモンゴルゆうこうきょうてい

1件 の用語解説(ソビエト・モンゴル友好協定の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ソビエトモンゴルゆうこうきょうてい【ソビエト・モンゴル友好協定】

1921年11月,モスクワソビエトロシア政府とモンゴル人民政府間に結ばれた協定。しばしば誤まって条約といわれる。21年7月ソビエトの援助のもとモンゴル革命が成功すると,モンゴル代表団はソビエトへ赴き,旧来のロシア・モンゴル(自治政府)間の不平等取決めを破棄するとともに,相互を唯一の合法政権として承認した平等な国家間協定を締結した。また協定では相手国の打倒をめざすいっさいの行動が国内でおこなわれることを禁止し,これによりソビエトはモンゴルに対する自己の立場を法的に確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソビエト・モンゴル友好協定の関連キーワードフルシチョフモスクワ遠征モスクワ大学レオーノフソビエト共産党ソビエト連邦ソビエトロシア中華ソビエト共和国ノーボスチ通信社モスクワ5000

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone