コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソビエト・モンゴル友好協定 ソビエトモンゴルゆうこうきょうてい

1件 の用語解説(ソビエト・モンゴル友好協定の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ソビエトモンゴルゆうこうきょうてい【ソビエト・モンゴル友好協定】

1921年11月,モスクワソビエトロシア政府とモンゴル人民政府間に結ばれた協定。しばしば誤まって条約といわれる。21年7月ソビエトの援助のもとモンゴル革命が成功すると,モンゴル代表団はソビエトへ赴き,旧来のロシア・モンゴル(自治政府)間の不平等取決めを破棄するとともに,相互を唯一の合法政権として承認した平等な国家間協定を締結した。また協定では相手国の打倒をめざすいっさいの行動が国内でおこなわれることを禁止し,これによりソビエトはモンゴルに対する自己の立場を法的に確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ソビエト・モンゴル友好協定の関連キーワードヴェナイト安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育モンゴル文学チャモロ[家]バレンチノ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone