コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソブレロ ソブレロ Sobrero, Ascanio

3件 の用語解説(ソブレロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソブレロ
ソブレロ
Sobrero, Ascanio

[生]1812.10.12. カザーレ
[没]1888.5.26. トリノ
イタリアの化学者。 J.ベルセーリウスや J.リービヒのもとで学ぶ。トリノ大学化学教授 (1847) 。 1846年硝酸とグリセリンから,強い爆発力をもつニトログリセリンを合成した。のちに A.B.ノーベルがこれを火薬として工業化した (1862) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソブレロ【Ascanio Sobrero】

1812‐88
イタリアの化学者。カザレで生まれ,J.J.ベルセリウスやJ.vonリービヒのもとで化学を学び,1849年トリノ工科大学の化学教授となる。1846年グリセリンの硝化によりニトログリセリン(当初ピログリセリンと呼ばれた)を発見した。きわめて高い起爆性をもつことから,彼自身はその工業的製造・利用への道をためらったが,60年代にA.B.ノーベルによりスウェーデンで工業化が実現された。【古川 安】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソブレロ
そぶれろ
Ascanio Sobrero
(1812―1888)

イタリアの化学者。モンフェラトのカゼレに生まれる。パリとギーセンの大学においてベルツェリウスやリービヒの教えを受け、1849年にチューリン大学の化学教授となり1882年まで在職した。1847年、グリセリンを混酸(濃硫酸と濃硝酸との混合液)中に静かに注ぐことによりニトログリセリンを得、その強い爆発性をみいだした。その取扱いの不便さと爆発しやすさのために彼は利用を断念したが、のちにノーベルによってダイナマイトとしての利用法が発明され(1866)、土木や工業にきわめて大きな貢献をなした。[川野辺渉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソブレロの関連キーワードウェーラーパスツールイタリアン玉琢かざれば器を成さず玉磨かざれば光なしJターン深戯れイタリア協奏曲カザレの別荘シリアの化学兵器

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone