コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソポチャニ修道院 ソポチャニしゅうどういんSopocani Monastery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソポチャニ修道院
ソポチャニしゅうどういん
Sopocani Monastery

セルビア南西部,ノービパザル近郊のソポチャニにある修道院。 13世紀にステファン・ウロシュ1世が寄進したもので,三位一体聖堂内のフレスコ画は,ビザンチン帝国から亡命してきた画家たちの手によるものとみられている。 1979年スタリ・ラス遺跡とともに,世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ソポチャニ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ソポチャニ修道院】

Manastir Sopoćani》セルビア、ラシュカ地方の都市遺跡スタリラスにある修道院。13世紀の創建。17世紀にオスマン帝国によって破壊されたが、20世紀に入り修復されている。内部には中世に描かれたフレスコ画が残る。1979年に「スタリラスとソポチャニ」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ソポチャニ修道院の関連キーワードスタリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android