ソポチャニ修道院(読み)ソポチャニしゅうどういん(英語表記)Sopocani Monastery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソポチャニ修道院
ソポチャニしゅうどういん
Sopocani Monastery

セルビア南西部,ノービパザル近郊のソポチャニにある修道院。 13世紀にステファン・ウロシュ1世が寄進したもので,三位一体聖堂内のフレスコ画は,ビザンチン帝国から亡命してきた画家たちの手によるものとみられている。 1979年スタリ・ラス遺跡とともに,世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソポチャニ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ソポチャニ修道院】

Manastir Sopoćani》セルビア、ラシュカ地方の都市遺跡スタリラスにある修道院。13世紀の創建。17世紀にオスマン帝国によって破壊されたが、20世紀に入り修復されている。内部には中世に描かれたフレスコ画が残る。1979年に「スタリラスとソポチャニ」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android