コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソポト ソポト Sopot

3件 の用語解説(ソポトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソポト
ソポト
Sopot

ポーランド北部,ポモルスキェ県の港湾都市ドイツ語ではツォポト Zoppot。バルト海グダニスク湾沿岸,グダニスクグディニャの中間に位置し,「3都市」 Trójmiastoと呼ばれる都市群を形成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ソポト(Sopot)

ポーランド北部の都市。グダニスクグディニアの間に位置し、合わせて「三連都市」と呼ばれる大都市圏を形成。19世紀より海岸保養地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ソポト

ポーランド北部,グダンスク湾岸の都市。グダンスクの北北西約12kmにある保養地でグダンスク連合都市を形成。科学・文化の中心。4万人(2006)。
→関連項目グディニャ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のソポトの言及

【グディニャ】より

…人口25万1400(1995)。グダンスクの北15kmにあり,中間のソポトと3市の市街地がベルト状に連なっている。1920年までは人口1300人の小さな漁村にすぎなかったが,ポーランドがドイツ支配下のダンチヒ(現,グダンスク)に対抗するため建設した新しい都市で,海洋関係研究機関,海軍基地をもち,ポーランド有数の港湾に発展した。…

【ポモジェ】より

… ポモジェ地方は東西に二分され,東ポモジェは北部最大の工業・港湾都市グダンスクを中核に,人口4万3600(1995。以下同じ)の保養都市ソポトと北の港湾都市グディニャの市街地はひと続きとなっており,トルイミアストと呼ばれる。資本主義諸国への北の表玄関として発展している。…

※「ソポト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソポトの関連キーワードグダンスクグディニャスコッチファンガレイホランディアミツキェビッチイェロゾリムスキェ通りグディニアポートヘッドランドポモジェ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソポトの関連情報