コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソレダッド砦 ソレダッドとりで

世界の観光地名がわかる事典の解説

ソレダッドとりで【ソレダッド砦】

アメリカのグアム島南東端の小さな入り江を見下ろす小高い岬にある。砦は50m四方が白い石組みの屏に囲まれ、岬の入り口を守る大砲が3門あり、岬を一望できる場所には見張り台が建っている。スペインにとって、この入り江(湾)は南米のサンディエゴからフィリピンに至る太平洋上で唯一の中継地だったため、行き交う交易船を海賊から守るために築かれた。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ソレダッド‐とりで【ソレダッド砦】

Fort Nuestra Senora de la Soledad》マリアナ諸島、グアム島南西部の村ウマタックにある砦跡。スペイン統治時代の19世紀初めに建造。ウマタック湾の防御のために築かれた三つの砦のうち、もっとも保存状態がよい。村を一望できる展望地としても知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android