コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソレンセン Sorensen, Ted

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソレンセン
Sorensen, Ted

[生]1928.5.8. ネブラスカ,リンカーン
[没]2010.10.31. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の弁護士。フルネーム Theodore Chaikin Sorensen。ジョン・F.ケネディ大統領のスピーチライターとして知られた。ネブラスカ大学で 1949年理学士号,1951年法学士号を取得。1953~61年ケネディ上院議員の補佐を務め,ケネディの大統領就任後は有力な側近,特別顧問として政権内で重要な役割を担った。ソレンセンが手がけた大統領就任演説は現代の雄弁術の規範といわれた。また,1962年のキューバ・ミサイル危機に際し,当時の司法長官ロバ-ト・ケネディとともにソビエト連邦のニキータ・S.フルシチョフ第一書記宛の書簡を起草し,米ソ核戦争回避の一端を担った。1970年に上院議員選挙に立候補したが落選,1976年にジミー・カーター大統領から中央情報局 CIA長官として指名されたが,議会の承認を得られなかった。国際的な弁護士としても活動した。主著『ホワイトハウスの政策決定過程』Decision Making in the White House(1963),『ケネディの道――未来を拓いた大統領』Kennedy(1965)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソレンセンの関連キーワードフォード(Henry Ford)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソレンセンの関連情報