コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロモン海 ソロモンかいSolomon Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロモン海
ソロモンかい
Solomon Sea

太平洋の縁海の一つ。西はニューギニア,北はニューブリテン島,東はソロモン諸島に囲まれた海域で,南でサンゴ海,北西でビスマーク海,北東で太平洋につながる。海底は2つの海盆に分れる。北側のニューブリテン海盆は,平均 4000m以上の深度を示し,そのなかには約 9140mのプラネット海淵を含むニューブリテン海溝が存在する。南側のソロモン海盆は 7000mの深さに達する。冬季 (6~9月) には太平洋赤道海流が北から流入し南東と南西に分流する。夏季は反対の流れとなる。この海を最初に航海したのはポリネシア人,アラブ人,中国人で,ヨーロッパ人が入ってきたのは 1567年のことである。第2次世界大戦中は,数次にわたる日米海戦の戦場とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソロモン海
そろもんかい

南西太平洋の一部。西、北、東をニューギニア島、ニュー・ブリテン島、ソロモン諸島に囲まれ、南はルイジアード諸島でサンゴ海とくぎられる。海域内にトロブリアンド諸島ダントルカストー諸島などがあるが、海域の北縁部には水深9140メートルのニュー・ブリテン海溝がある。第二次世界大戦中の1942年、この海域は、日米の激しい海戦の場となった。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソロモン海の関連キーワードニューブリテン=ブーゲンビル海溝太平洋戦争(第二次世界大戦)ガダルカナル島の戦いサンクリストバル海溝太平洋戦争史(年表)ガダルカナルの戦い太平洋戦争(日本)古鷹型重巡洋艦ガダルカナル戦ソロモン海戦木村 昌福マーカム川太平洋戦争南雲 忠一草鹿竜之介ワシントン軍艦小事典ニミッツ神 重徳バヌアツ

ソロモン海の関連情報