コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソン・サン ソン・サン Son Sann

3件 の用語解説(ソン・サンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソン・サン
ソン・サン
Son Sann

[生]1911.10.5. プノンペン
[没]2000.12.19. パリ
カンボジアの政治家。フランスで教育を受け,帰国後植民地当局の役人となる。カンボジアが 1953年にフランスから完全独立を果したあとは,シアヌークのもとで 54~68年に国立銀行総裁,1967年に首相などの要職を占めたが,70年にロン・ノルによるクーデターで一時フランスへ移住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ソン・サン
Son Sann


1911.10.5 -
カンボジアの政治家。
元・国立銀行総裁,元・連合政府首相。
プノンペン生まれ。
フランスへ留学し、帰国後1935年バタンバン州副知事となり、蔵相や国立銀行総裁を経て、’67年首相となる。’79年プノンペン陥落後、人民民族解放戦線を結成し議長となり、’82年連合政府首相となる。91年最高国民評議会(SNC)メンバー。’92年党名を仏教自由民主党に変更。93年制憲議会議長を務める。

ソン・サン
Son Sen


1930.6 -
カンボジアの政治家。
元・民主カンボジア軍最高司令官。
フランスへ留学し、1955年帰国、’63年左派弾圧により地下に潜行する。’70年人民解放軍参謀総長となり、’75年王国民族連合政府副首相を経て、’76年民主カンボジア副首相となり、’79年最高会議書記長を兼任する。’82年連合政府国防調整委員を歴任し、’85年民主カンボジア軍最高司令官となる。’91年最高国民評議会メンバーとなるが’94年失脚。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソン・サンの関連キーワードプノンペンサインペンぺんぺんぺんぺん草ルンペンジョン・レノンドンペンくん筆携!サインペン筆 touch サインペンワットプノン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソン・サンの関連情報