コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連邦最高会議幹部会 ソれんぽうさいこうかいぎかんぶかい Prezidium Verkhovnogo Soveta SSSR; Presidium of the Supreme Soviet

1件 の用語解説(ソ連邦最高会議幹部会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ連邦最高会議幹部会
ソれんぽうさいこうかいぎかんぶかい
Prezidium Verkhovnogo Soveta SSSR; Presidium of the Supreme Soviet

ソ連邦最高会議の閉会中常置される最高機関。最高会議両院合同会議で選出され,最高会議に対して責任を負う。議長 (国家元首) 1人,第一副議長および各共和国からの副議長 15人,書記1人,幹部会員 21人により構成され,最高会議の招集と解散,幹部会令の発布,法律の解釈,人民投票の実施,閣僚の任免,栄誉の授与,軍最高統帥部の任免,宣戦布告,動員,条約の批准,大公使の任免,外国使節信任状の受理,戒厳令の布告などの権限をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソ連邦最高会議幹部会の関連キーワードアンドロポフカリーニン議員閉会中審査消費者保護会議閉会中任命最高会議最高会議幹部会最高会議幹部会議長ソビエト連邦最高裁判所

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone