タイヨウフウトウカズラ(読み)たいようふうとうかずら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイヨウフウトウカズラ
たいようふうとうかずら / 大葉風藤葛
[学]Piper postelsianum Maxim.

コショウ科(APG分類:コショウ科)の多年草。茎は直立性で、高さ約1メートル。葉は円形で大きく、径約20センチメートル。雌雄異株。4~6月、穂状花序を腋生(えきせい)し、小さな花を密に集めて開く。小笠原(おがさわら)諸島母島特産。花序が葉の反対側につくフウトウカズラとは系統が異なり、東南アジアに生育し、腋生の花序をもった種との関連性が推察される。[大森雄治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android