コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイ美術 タイびじゅつ

1件 の用語解説(タイ美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイ美術
タイびじゅつ

タイの美術はその歴史が示すように,周辺の民族から受容した美術をさまざまに展開させてきている。6~7世紀頃に中部タイに興起したモン族のドゥバラバティ文化はインドから輸入されたもので,タイ美術の初期を飾る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタイ美術の言及

【タイ】より

…もう一つは〈純タイ期〉と呼び,タイ族が南下・移住し,タイに定住して以降の美術をさす。タイ美術の一般的特徴は,歴史を通じて,古い時代にさかのぼればさかのぼるほど,その性格がインド的であるという点にある。インドからの影響を濃厚に受けながら育ち,それがしだいにタイ独自の美術に発展していったのである。…

※「タイ美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タイ美術の関連キーワードアメリカ美術太陽暦地質時代みづゑロシェキーファー示度噛んで吐き出すよう清代美術マルガリータ[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タイ美術の関連情報