コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクール族 タクールぞくThakur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タクール族
タクールぞく
Thakur

(1) ヒマラヤ中央高地のベリ川とカルナリ川の間に居住する先住民。インド系ネパール人に近い容貌をもち,言語は,チベット=ビルマ語族に属する。生業はヒエ,トウモロコシを段々畑につくり,ヒツジ,ヤギなどの家畜飼育を行う。宗教的にはヒンドゥー教化している。このなかのある者はネパールの王族に系譜的関係をもち,ネパール軍の中枢を形成する。

(2) ラージプートともいう。中部および北部インド,特にラージャスターン州に居住する土地所有者に対する総称。みずからクシャトリヤに位置づけているが,階層幅は広く高貴な身分をもつ氏族から貧農にいたるまでさまざまである。北西部ではイスラム教徒が多く,一般に女性は人前に出ない習慣がある。4つの系譜に分れており,婚姻は上昇婚を志向している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android