タチヤーナ マーヴリナ(英語表記)Tatiyana Alekseevna Mavrina

20世紀西洋人名事典「タチヤーナ マーヴリナ」の解説

タチヤーナ マーヴリナ
Tatiyana Alekseevna Mavrina


1902 -
ソ連画家
ゴーリキー市生まれ。
本名レーベジェワ。
モスクワの高等美術工芸工房絵画部で学ぶ。自然を題材にした絵画、ロシア民話、プーシキンの作品の絵本を多数発表。民衆芸術に根ざした大胆な構図色彩が特徴。主な作品に「かますの命令」(1958年)、「おとぎ話の動物」(’65年)、「いりえのほとり」(’70年)、「かえるの王女」(’82年)などがある。’75年国家賞、’76年国際アンデルセン賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android