コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッシリ たっしり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タッシリ

アッジェル高原」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タッシリ
たっしり
Tassili

アフリカのアルジェリアとリビアの国境地帯、サハラ砂漠中央部にある山岳地帯。膨大な岩壁画が発見されたことで知られる。1909年にフランス軍サハラ・ラクダ部隊のコルティエ大尉によって発見された。気候や生活様式の変化に従って岩壁画の主題や様式も変化し、〔1〕古拙時代(中石器時代)、〔2〕狩猟民の時代、〔3〕ウシの時代、〔4〕ウマの時代(前一千年紀)、〔5〕ラクダの時代に分けられる。しかし、大部分はサハラがまだ沃野(よくや)であった〔1〕~〔3〕の時代に残されたものであり、タッシリとは「川の多い台地」を意味する。岩壁画には動物と人間との狩猟、牧畜、家庭生活を通してのふれあいを描いたものが多い。[山下秀樹]
『森本哲郎著、富山治夫写真『タッシリ・ナジェール』(平凡社カラー新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタッシリの言及

【サハラ砂漠】より

…山岳砂漠はアハガル山地,ティベスティ山地,アイル山地など,火山性の山地が代表例で,他の場所より降雨がやや多く,気温の日較差,年較差ともに大きい。そのため風化,浸食が激しく,タッシリTassiliのような奇怪な山容を見せる。オアシスは,水の得られる山麓,台地の縁辺,盆地の周辺,ワジ(ワーディー)などに発達する。…

※「タッシリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タッシリの関連キーワードアンリ ロートトゥアレグ族アハガル山地ジャネット新石器時代原始美術ロートガート砂漠浮彫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android