コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニシモドキ Pila polita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニシモドキ
Pila polita

軟体動物門腹足綱タニシモドキ科。高 6cm,殻径 4.4cm。殻は整った球卵形,螺塔は小さく円錐形で螺層は6階,体層ははなはだ大きい。殻表は緑黄褐色で光沢がある。殻口は大きく卵形で内部は赤褐色。ふたは卵形,石灰質で厚く,外側は共心円脈があり,核は中央内寄りにある。軟体は頭に長い触角があり,その基部に柄のある眼がある。外套腔は上下に分れ,上は空気呼吸,下は水中で鰓呼吸をし,水陸両方の生活ができる。夜行性東南アジアに分布し,河川や湖沼の水草の間にすむ。食用。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タニシモドキ
たにしもどき / 擬田螺
apple snail

軟体動物門腹足綱リンゴガイ科の巻き貝。中国大陸南部に分布する淡水産種で、クリークに多い。殻高60ミリメートル、殻径44ミリメートル。螺塔(らとう)は低く体層は大きく、殻表は黄褐色で光沢がある。殻口は卵形で大きい。蓋(ふた)は石灰質で厚く、核は中央内側寄りにある。軟体には、頭部に長い触角と、その基部に柄(え)のある目がある。外套腔(がいとうこう)は2室に分かれ、一方にえらがあり水中生活に適し、他方では肺呼吸をして水上や乾燥時の生活に適応する。夜行性。食用にされる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タニシモドキの関連キーワードスクミリンゴガイ肺呼吸

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android