コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブ譜[tablature] タブフ

音楽用語ダスの解説

タブ譜[tablature]

弦楽器用の譜面の一種。ギタータブ譜は、6線譜でギターの弦を表しており、押さえるフレットを6線の上に数字で表記することで、弾き方を示す楽譜の一種。通常は音符を表示する5線譜の下に併記され、タブ譜の音の長さや休符などは、5線譜と全く同じである。たとえば付点8分音符は、タブ譜上でも8分音符の旗と数字の横に点を加えた表記である。タブラチュアとは、現在の5線譜が確立する以前、15世紀から17世紀にリュートビウェラというギターの前身と考えられる楽器が全盛の頃に使われていた、音符を使用しない記譜法のひとつだった。しかしリュートの衰退と共に使用されなくなり、その後は現在の5線譜記譜法に移っていった。そして20世紀に入ってから、アメリカのフォーク・ミュージックの中からギターの記譜法として復活し、現在では多くの人が利用するようになった。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

タブ譜[tablature]の関連キーワードフィンガリング[fingering]記譜法[notation]

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android