タプローム(英語表記)Ta Prohm

世界の観光地名がわかる事典の解説

タプローム【タプローム】
Ta Prohm

カンボジア西部シエムレアプ(Siem Reap)北郊にあるアンコール遺跡群(世界遺産)の中の一つ。アンコールトムの東方にある。クメール王国(アンコール王朝)のジャヤバルマン7世により12世紀末に仏教寺院として建設され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている。同寺院跡は密林に覆われ、遺跡はガジュマルによる侵食が激しく、遺跡の各所がガジュマルの幹が食い込んだ状態になっている。ユネスコでは、この樹木の侵食をそのまま残すか除去するかの修復方針をめぐって活発に議論が行われている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タ‐プローム(Ta Prohm)

カンボジア北部、アンコールにある遺跡。アンコールトムの東約3キロメートルに位置する。12世紀末、クメール王朝のジャヤバルマン7世により仏教寺院として建立され、のちにヒンズー教寺院に改築された。東西約1000メートル、南北約700メートルの周壁に囲まれ、東西の塔門、中央の祠堂、聖池、経蔵などがある。長年に渡って放置されたため、ガジュマルなどの樹木の根が遺跡を覆っている。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android