コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマガワホトトギス(玉川杜鵑) タマガワホトトギスTricyrtis latifolia

1件 の用語解説(タマガワホトトギス(玉川杜鵑)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマガワホトトギス(玉川杜鵑)
タマガワホトトギス
Tricyrtis latifolia

ユリ科の多年草で,日本各地の深山や谷間の湿地に生える。ホトトギス属の1種で,黄色で紫褐色の斑点のある花が上向き散房花序をなしてつき,葉の表面に毛がない。和名は黄色の花色をバラ科のヤマブキの花に見立て,京都のヤマブキの名所である井手の玉川の名を取ったものといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone