タマガワホトトギス(玉川杜鵑)(読み)タマガワホトトギス(英語表記)Tricyrtis latifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマガワホトトギス(玉川杜鵑)
タマガワホトトギス
Tricyrtis latifolia

ユリ科の多年草で,日本各地の深山や谷間の湿地に生える。ホトトギス属の1種で,黄色で紫褐色の斑点のある花が上向きに散房花序をなしてつき,葉の表面に毛がない。和名は黄色の花色をバラ科のヤマブキの花に見立て,京都のヤマブキの名所である井手の玉川の名を取ったものといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android