コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見立て ミタテ

4件 の用語解説(見立ての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐たて【見立て】

見て選び定めること。選定。「妻の見立てによるネクタイ」
病気を診断すること。また、その結果。「医者の見立て」「見立て違い」
2から転じて》こうだろうと予測すること。「日経平均8000円割れはないというのが専門家の見立てだ」

㋐あるものを、それと似た別のもので示すこと。「庭園に富士の見立ての山を築く」
㋑俳諧で、あるものを他になぞらえて句をつくること。
思いつき。また、趣向。
「何をしたればとて商ひの相手はあり。珍しき―もがな」〈浮・永代蔵・三〉
見送り。送別。
「明日―に来ませう」〈浄・氷の朔日

み‐だて【見立て】

《「みたて」とも》見た感じがよいこと。みばえ。
「よろづに―なく」〈・帚木〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みたて【見立て】

江戸時代の芸術創作上の趣向の一つ。江戸文芸の全般に共通の趣向であるが,ここでは歌舞伎に直接関係のある面に限って記す。(1)歌舞伎の演出のうち,周知のある形を背後に想像させるような特別の形を作る場合にいう。たとえば《曾我の対面》の幕切れは,工藤祐経を鶴の形,五郎・十郎と朝比奈とを富士山の形に見立てた見得になる約束で,初春狂言にふさわしいめでたさを象徴する。《忠臣蔵》七段目で,酒宴の余興に仲居たちが〈見立て〉の遊びをするところがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みたて【見立て】

見てよしあしを決めること。また、見て物を選定すること。 「洋服の-をしてもらう」
(医者の)診断。 「医者の-が違う」
趣向。思いつき。考え。 「 -のおもしろさを競う」
和歌・俳諧などで、ある物を別のものと仮にみなして表現すること。なぞらえること。
見送ること。見送り。 「宿弥太郎も御-門送りして立ち帰り/浄瑠璃・菅原」
(「みだて」とも)見た感じ。見た目。 「ミダテノヨイ物/日葡」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の見立ての言及

【肖像】より

…個人を写した単身肖像画(彫刻)のほかに,絵画では夫婦や友人を組み合わせて表した二人肖像画,団体を表した集団肖像画もある。肖像は祭壇画や物語画(歴史画)の中に描き込まれる場合もあり,独立像についても,神話的存在などに擬した〈見立て〉像がつくられることがある。厳密な意味での肖像は,外貌の忠実な記録であることを前提とするが,この肖似性の要求は,時代や社会の現実に対する態度のいかんによって変化するものであり,無視されることすらないわけではない。…

※「見立て」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

見立ての関連キーワード規定定め照準選定当選坊定め見定める見立てる日選り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見立ての関連情報