コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマシキゴカイ タマシキゴカイ Arenicola brasiliensis

4件 の用語解説(タマシキゴカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマシキゴカイ
タマシキゴカイ
Arenicola brasiliensis

環形動物門多毛綱定在目タマシキゴカイ科。一名クロムシ。体長 30cm内外。 17剛毛節と比較的長い円筒形状の尾部とから成り,第7~17剛毛節の各節には1対の羽状の鰓がある。頭部はほぼ円形で,触手や眼などの付属器官はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タマシキゴカイ

クロムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タマシキゴカイ【Arenicola brasiliensis】

多毛綱タマシキゴカイ科の環形動物イラスト)。別名クロムシ,ドンベイ,チンチロムシ陸奥湾以南に分布し,干潟の砂泥中にU字形の穴を深く掘ってすむ。体長30cmにもなり,円筒状で前半部が太く,後半部は細くなっている。前半部は17剛毛節からなり,そのうちの第7~17剛毛節の11体節には,それぞれ羽状のえらが1対あって,ここで呼吸している。頭部には触手や目はない。体色はすむ場所の底質によって異なり,泥中にすむものは暗緑色か灰黒色,砂地のものは橙色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマシキゴカイ
たましきごかい / 玉敷沙蚕
[学]Arenicola brasiliensis

環形動物門多毛綱タマシキゴカイ科に属する海産動物。クロムシ、ドンベイ、チンチロムシなどの地方名がある。陸奥(むつ)湾以南に分布し、干潟の砂泥中にU字形の孔(あな)を掘ってすむ。一方の孔の周囲にうどん玉のような砂の糞(ふん)を盛り上げるので、その所在がすぐわかる。大きなものでは体長30センチメートル、前方の体幅1.5センチメートルになり、後半部はしだいに細くなる。体は17剛毛節からなり、そのうち第7から第17剛毛節の各節には、細かく枝分れした羽状のえらが各1対あって赤い血液が流れている。頭部には触手や目はない。いぼ足は小さいこぶ状で、背足枝に針状剛毛、腹足枝に鉤(かぎ)状剛毛がある。生殖時期は4~9月で、ニワトリの卵くらいの大きさの寒天質の卵塊を底土上に産む。卵塊の中で多くの卵が発育し、体が10節くらいの仔虫(こむし)になってから海中に泳いで出る。瀬戸内方面ではタイやカレイの釣り餌(え)に用いている。近似種のイソタマシキゴカイAbarenicola pacificaは体が19剛毛節で、えらは13対。三重県以北に分布する。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タマシキゴカイの関連キーワードウズマキゴカイ磯蚯蚓鰓蚕沙蚕蛇虫玉敷沙蚕翼沙蚕クロムシゴカイ(沙蚕)イソタマシキゴカイ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone