コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマヨ・イ・バウス タマヨ・イ・バウス Tamayo y Baus, Manuel

2件 の用語解説(タマヨ・イ・バウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマヨ・イ・バウス
タマヨ・イ・バウス
Tamayo y Baus, Manuel

[生]1829.9.15. マドリード
[没]1898.6.20. マドリード
スペインの劇作家。ロマン主義演劇から近代ブルジョア演劇にいたる過渡期のスペイン演劇を代表し,ロマン派の残照をとどめる史劇『狂恋』 Locura de amor (1855) や,シェークスピア流の悲劇『新しいドラマ』 Un drama nuevo (67) で知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマヨ・イ・バウス
たまよいばうす
Manuel Tamayo y Baus
(1829―1889)

スペインの劇作家。俳優を両親に、演劇一族の子弟としてマドリードに出生、同地で死去。作品数は50を超え、ロマン主義的なものには、シラーの近代悲劇を脚色した『アンヘラ』(1851)や古典悲劇を復活させた『ビルヒニア』(1853)、狂妃フワナを主人公にした史劇で写実主義への接近過程を示す文体の『狂恋』(1855)がある。また、写実的なものには、嫉妬(しっと)を批判した『雪の球』(1856)や過度の物欲を戒めた『実利』(1863)などの道徳劇があるが、代表作は不義を主題にした『新作劇』(1867)で、劇中劇の手法を取り入れている。[菅 愛子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タマヨ・イ・バウスの関連キーワードマドリード条約馬徳里マドリード王宮マドリッドマドリード・バレエ団アマドリ化合物マドリードのスペイン広場標章の国際登録に関するマドリード協定マドリード攻防《マドリード手稿》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone