タマヨ・イ・バウス(読み)たまよいばうす(英語表記)Manuel Tamayo y Baus

日本大百科全書(ニッポニカ)「タマヨ・イ・バウス」の解説

タマヨ・イ・バウス
たまよいばうす
Manuel Tamayo y Baus
(1829―1889)

スペインの劇作家。俳優を両親に、演劇一族の子弟としてマドリードに出生、同地で死去。作品数は50を超え、ロマン主義的なものには、シラーの近代悲劇を脚色した『アンヘラ』(1851)や古典悲劇を復活させた『ビルヒニア』(1853)、狂妃フワナを主人公にした史劇で写実主義への接近過程を示す文体の『狂恋』(1855)がある。また、写実的なものには、嫉妬(しっと)を批判した『雪の球』(1856)や過度の物欲を戒めた『実利』(1863)などの道徳劇があるが、代表作は不義を主題にした『新作劇』(1867)で、劇中劇の手法を取り入れている。

[菅 愛子

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「タマヨ・イ・バウス」の解説

タマヨ・イ・バウス
Tamayo y Baus, Manuel

[生]1829.9.15. マドリード
[]1898.6.20. マドリード
スペインの劇作家。ロマン主義演劇から近代ブルジョア演劇にいたる過渡期スペイン演劇を代表し,ロマン派残照をとどめる史劇『狂恋』 Locura de amor (1855) や,シェークスピア流の悲劇『新しいドラマ』 Un drama nuevo (67) で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android