残照(読み)ザンショウ

デジタル大辞泉プラスの解説

残照

北方謙三の長編ハードボイルド小説。1990年刊行。「ブラディ・ドール」シリーズの第7作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ざんしょう【残照】

日が沈んでもなお空に残っている光。夕日の光。夕焼け。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざん‐しょう ‥セウ【残照】

〘名〙
① 日が沈んだ後もなお照り残っている、入り日の光。夕日。夕焼け
※再昌草‐永正四年(1507)九月九日「残照竹籬香露匂、重陽便是菊叢春」 〔孟浩然‐東斉詩〕
② 比喩的に、過ぎ去った物事の影響としてなお残っているもの。
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉柿本人麻呂「高市皇子尊の死をうたった挽歌などに英雄叙事詩の残照が生きているのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残照の関連情報