残照(読み)ざんしょう

精選版 日本国語大辞典「残照」の解説

ざん‐しょう ‥セウ【残照】

〘名〙
① 日が沈んだ後もなおり残っている、入り日の光。夕日。夕焼け。
※再昌草‐永正四年(1507)九月九日「残照竹籬香露匂、重陽便是菊叢春」 〔孟浩然‐東斉詩〕
② 比喩的に、過ぎ去った物事の影響としてなお残っているもの。
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉柿本人麻呂「高市皇子尊の死をうたった挽歌などに英雄叙事詩の残照が生きているのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「残照」の解説

残照

北方謙三の長編ハードボイルド小説。1990年刊行。「ブラディ・ドール」シリーズの第7作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「残照」の解説

ざんしょう【残照】[絵画]

日本画家、東山魁夷の作品。昭和22年(1947)、第3回日展に出品して特選受賞東山出世作となった。東京国立近代美術館蔵。

ざん‐しょう〔‐セウ〕【残照】

日が沈んでからも雲などに照り映えて残っている光。夕日の光。残光
[補説]作品名別項。→残照

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android