残照(読み)ざんしょう

精選版 日本国語大辞典「残照」の解説

ざん‐しょう ‥セウ【残照】

〘名〙
① 日が沈んだ後もなおっている、入り日の光。夕日夕焼け
※再昌草‐永正四年(1507)九月九日「残照竹籬香露匂、重陽便是菊叢春」 〔孟浩然‐東斉詩〕
② 比喩的に、過ぎ去った物事の影響としてなお残っているもの。
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉柿本人麻呂「高市皇子尊の死をうたった挽歌などに英雄叙事詩の残照が生きているのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「残照」の解説

ざんしょう【残照】[絵画]

日本画家、東山魁夷の作品。昭和22年(1947)、第3回日展に出品して特選受賞東山出世作となった。東京国立近代美術館蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「残照」の解説

【残照】ざんしよう(せう)

夕日。清・黄宗羲〔広化寺に至りて先忠端公の神位を拝す〕詩 江山千古、殘照を留め 木三春、杜鵑(とけん)(ほととぎす)

字通「残」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android