タマンアユン寺院(読み)タマンアユンジイン

  • タマンアユンじいん〔ジヰン〕

世界の観光地名がわかる事典の解説

インドネシアのバリ島中西部ウブド郊外のメングウィ村にある寺院。ブサキ寺院に次ぐバリ島で2番目の規模の大寺院で、「バリで最も美しい寺院」という評価もある。この寺院はメングウィ王国の国寺として1634年に建造され、1937年の大改修で今日の姿になった。周囲はが巡らされ、境内には噴水などがある。◇正式名称は「Pura Taman Ayun」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android