タリハ県(読み)タリハ(英語表記)Tarija

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タリハ〔県〕
タリハ
Tarija

ボリビア南部の県。県都タリハ。東はパラグアイ,南はアルゼンチンと国境を接する。アンデス山脈東部から東へ,グランチャコと呼ばれる平原にかけて広がり,パラグアイ川支流のピルコマヨ,ベルメホ両川の流域に属する。西部の山地では牧畜と,トウモロコシ,コムギ,果樹,野菜などの栽培が主産業であり,東部の熱帯低地ではタバコ,サトウキビ,イネ,バナナなどが栽培される。鉱物資源としては鉄,銀などがあるほか,アンデス東麓がボリビアの主要油田地帯の南部にあたり,サナンディタを中心に採油,製油が行われている。西部をパンアメリカン・ハイウェー,東部を鉄道がいずれも南北に通るほか,アンデス山中にある県都から道路が延び,県内のおもな町を結ぶ。面積3万 7623km2。人口 29万 851 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android