コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タリハ県 タリハTarija

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タリハ〔県〕
タリハ
Tarija

ボリビア南部の県。県都タリハ。東はパラグアイ,南はアルゼンチンと国境を接する。アンデス山脈東部から東へ,グランチャコと呼ばれる平原にかけて広がり,パラグアイ川支流のピルコマヨ,ベルメホ両川の流域に属する。西部の山地では牧畜と,トウモロコシ,コムギ,果樹,野菜などの栽培が主産業であり,東部の熱帯低地ではタバコ,サトウキビ,イネ,バナナなどが栽培される。鉱物資源としては鉄,銀などがあるほか,アンデス東麓がボリビアの主要油田地帯の南部にあたり,サナンディタを中心に採油,製油が行われている。西部をパンアメリカン・ハイウェー,東部を鉄道がいずれも南北に通るほか,アンデス山中にある県都から道路が延び,県内のおもな町を結ぶ。面積3万 7623km2。人口 29万 851 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android