コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルペイア Tarpeia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルペイア
Tarpeia

ローマの建国伝説に登場する女性。ロムルス (→ロムルスとレムス ) によって建設されたばかりのローマが,チツス・タチウス王に率いられたサビニ人の軍勢の攻撃を受けたとき,カピトリウム丘上の前衛の砦の指揮官の娘だった彼女は,敵の王に恋をし,または贈り物を約束されて,敵軍を砦に引入れたが,サビニ人たちは砦を占領したあと,売国の罪を罰するため,彼女の上に楯を積上げて圧死させたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タルペイア【Tarpeia】

古代ローマの伝説上の女性で,ローマの守備隊長タルペイウスの娘とされる。初代の王ロムルス治下のローマをサビニ人が攻めた時,彼女は敵兵が左腕に着けた黄金の腕輪に惹かれて内通し,衛門を開いたが,約束の腕輪でなく左手に携えた楯を投げ重ねられ,圧死したという。細部に各種の異伝を含みつつ長く伝えられた。タルペイウスはユピテル神殿のそびえるカピトリヌス丘の古名(元は在地の神の名か?)で,丘の南側断崖が後までタルペイウス岩壁と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

タルペイアの関連キーワードレムス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android