コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンジャーブール Thanjāvūr

1件 の用語解説(タンジャーブールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タンジャーブール【Thanjāvūr】

インド南部,タミルナードゥ州中東部の古都。旧名タンジョールTanjore。人口20万2000(1991)。カーベーリ川デルタの頂部にあり,同川の分流に面する。9~13世紀にチョーラ朝の中心都市として栄えた。16~18世紀にはビジャヤナガル王国マラーターなどのタミルにおける根拠地となり,さらに1855年にはイギリス領に編入された。タミル伝統文化の中心地の一つ。南西部にあるシバ派の壮大なブリハディーシュワラ寺院はチョーラ朝ラージャラージャ1世(在位985‐1016)により建立され,高さ72mの大塔をもつドラビダ様式の代表的寺院である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のタンジャーブールの言及

【チョーラ朝】より

…南インドのタミル地方に古代・中世に栄えた王朝。最古の首都はティルチラパリ近くのウライユールで,のちタンジャーブール(タンジョール),ガンガイコンダチョーラプラムなどにも都を置いた。王国の起源は不明であるが,すでに前3世紀のアショーカ王の磨崖詔勅に南インドの国として〈チョーラ,パーンディヤ,サティヤプタ,ケーララプタ〉と記されている。…

※「タンジャーブール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンジャーブールの関連キーワードコインバトールタミル語タミル族ヒンドゥスターニー語リッチモンドコージコードヒンドゥスターニー音楽ニュージーランド南部地震大チョーラ朝寺院群マハーバリプラムの建造物群

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone