コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンバレン大王 タンバレンだいおうTamburlaine the Great

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンバレン大王
タンバレンだいおう
Tamburlaine the Great

イギリスの劇作家 C.マーローの戯曲。2部。 1587~88年頃初演。大帝国の建設者チムール (帖木児) の伝記に想を得て,勇気と意志と自信をもって諸国を征服していくタンバレンの壮大な夢と行動と,すべての権力を手に収めた者のむなしさがその死を通じて表現されている。力強い無韻詩による文体は,シェークスピアにも大きな影響を及ぼした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タンバレンだいおう〔‐ダイワウ〕【タンバレン大王】

《原題Tamburlaine the Greatマーローによる2部の戯曲。1587年頃初演。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone