コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タービン船 タービンせんturbine steamer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タービン船
タービンせん
turbine steamer

タービン汽船蒸気タービンを推進機関とする船。高速を要求される軍艦や商船の主流であった。現代の船舶は蒸気機関に代って経済的なディーゼル機関の全盛時代であるが,出力に限度があるため,大馬力を必要とする軍艦,高速客船,高速貨物船などは蒸気タービンを主機関として使用する場合がある。また石炭焚き船,LNGキャリアなど特殊な燃料を使う場合も蒸気タービン機関を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タービン船
たーびんせん

蒸気タービンを主機関とする船。蒸気タービンはディーゼル機関に比べて保守がやや容易で、また振動が少ないので、大型客船、超大型タンカーあるいは高速コンテナ船の主機関として採用されてきた。しかし、C重油を使用するディーゼル機関より燃料消費量が30~40%多いので、石油価格高騰後の省エネルギー時代になってタービン機関をディーゼル機関にかえる船も現れ、新しくタービン機関を採用する船はほとんどなくなった。舶用タービンは毎分約5000回転程度の高速回転なので、普通二段階の減速歯車で毎分100回転くらいまでに下げて推進軸を駆動する。船の出入港時にはプロペラを逆回転させることが多いが、蒸気タービンは同じ翼車で逆回転はできないため、別に設けた後進用の翼車へ蒸気を当てて後進する。[森田知治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タービン船の関連キーワード日本科学史(年表)キングストン弁モーターボートディーゼル船タービニア号パーソンズ電気推進船日本科学史原子力船舶用機関寺野精一天洋丸造船業砕氷船

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android