コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターラブ

百科事典マイペディアの解説

ターラブ

アフリカ東海岸沿いに発達した大衆歌謡。ザンジバルではターアラブtaarabという。スワヒリ語で歌われる。アラブ,インド,アフリカ,さらに西欧やラテン・アメリカの音楽が融合したもので,伴奏の楽器編成も,ガヌーン(アラブではカーヌーン),ウディ(アラブではウード),バイオリン,チェロ,ベース,アコーディオン,エレキ・ギター,キーボード,ネイ(イラン,トルコ系の葦笛),ボンゴタンバリンマラカスなど,多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ターラブの関連キーワードスンヨン桂亜沙美ニコル大正琴ギュリジヨンハラ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android