ねい(読み)ネイ

デジタル大辞泉の解説

ねい

[感]呼ばれて答えるとき、また同意を表すときに発する語。はい。あい。へい。江戸時代に武家の奴(やっこ)、下男などが主人に対して用いた。
「『伝助わごりょも、ひとつ飲みやれ』『―』」〈滑・膝栗毛・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねい

〔補助動詞「なさる」の命令形「なさい」の転「なせえ」からさらに変化したもの〕
ねえ

ねい

( 感 )
応答の語。はい。あい。 「『その提灯、これへ〱』『- -』/歌舞伎・吾嬬鑑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねいの関連情報