コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねい ネイ

デジタル大辞泉の解説

ねい

[感]呼ばれて答えるとき、また同意を表すときに発する語。はい。あい。へい。江戸時代に武家の奴(やっこ)、下男などが主人に対して用いた。
「『伝助わごりょも、ひとつ飲みやれ』『―』」〈滑・膝栗毛・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねい

〔補助動詞「なさる」の命令形「なさい」の転「なせえ」からさらに変化したもの〕
ねえ

ねい

( 感 )
応答の語。はい。あい。 「『その提灯、これへ〱』『- -』/歌舞伎・吾嬬鑑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ねいの関連キーワード福島県会津若松市東山町石山富山県富山市婦中町吉住栃木県芳賀郡茂木町牧野徳島県小松島市中田町秋田県大館市花岡町滋賀県彦根市里根町大阪府羽曳野市西浦奈良県奈良市水門町張学良旧居陳列館甚左衛門(2)安東(中国)迫り詰める細入〈村〉角倉為次郎八尾〈町〉婦中〈町〉山田〈村〉補助動詞根井行親命令形

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねいの関連情報