ねい

デジタル大辞泉「ねい」の解説

ねい

[感]呼ばれて答えるとき、また同意を表すときに発する語。はい。あい。へい。江戸時代に武家やっこ、下男などが主人に対して用いた。
「『伝助わごりょも、ひとつ飲みやれ』『―』」〈膝栗毛・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android