ねい(読み)ネイ

デジタル大辞泉の解説

[感]呼ばれて答えるとき、また同意を表すときに発する語。はい。あい。へい。江戸時代に武家の奴(やっこ)、下男などが主人に対して用いた。
「『伝助わごりょも、ひとつ飲みやれ』『―』」〈滑・膝栗毛・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘感動〙 人に呼ばれたときなど、応答するのに用いる語。「はい」に相当する俗語的表現。〔物類称呼(1775)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「『コリャ伝助わごりょも、ひとつのみやれ』『ネイ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねいの関連情報