ねい(読み)ネイ

デジタル大辞泉の解説

ねい

[感]呼ばれて答えるとき、また同意を表すときに発する語。はい。あい。へい。江戸時代に武家の奴(やっこ)、下男などが主人に対して用いた。
「『伝助わごりょも、ひとつ飲みやれ』『―』」〈滑・膝栗毛・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねい

〔補助動詞「なさる」の命令形「なさい」の転「なせえ」からさらに変化したもの〕
ねえ

ねい

( 感 )
応答の語。はい。あい。 「『その提灯、これへ〱』『- -』/歌舞伎・吾嬬鑑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ねい

〘感動〙 人に呼ばれたときなど、応答するのに用いる語。「はい」に相当する俗語的表現。〔物類称呼(1775)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「『コリャ伝助わごりょも、ひとつのみやれ』『ネイ』」

ねい

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねいの関連情報