コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大正琴 たいしょうごと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大正琴
たいしょうごと

日本の楽器。大正初期,名古屋森田伍郎が発明した弦楽器東流二弦琴 (あずまりゅうにげんきん) にタイプライタキーに似た鍵をつけたもの。長さ約 60cm,幅約 12cmの漆塗り木製の胴に2本の金属弦 (同音に調律) を張り,半音の間隔で鍵を取付ける。左手でこの鍵を押え,右手に持った義甲 (ピック) で弦を弾奏する。音域は約3オクターブ。奏法が容易なために一時全国的に流行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいしょう‐ごと〔タイシヤウ‐〕【大正琴】

大正初期、名古屋の森田伍郎が考案した弦楽器。長さ約60センチ、幅約15センチの木製の胴に金属弦2本を張り、音階を表示した丸い鍵(けん)をつけたもの。左指で鍵を押さえ、右手の義甲で弾く。その後、3~9弦のものが作られ、現在は5弦が多用されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大正琴【たいしょうごと】

日本の楽器。大正初年に名古屋の森田伍郎が考案。金属弦の二弦琴に半音間隔でタイプライター式の丸いキーをつけたもの。左手でキーを押し,右手のピックで弾奏する。安価で,演奏も容易なので一時普及したが,近年,生涯教育の観点からその効用が見直され,とくに中高年層のあいだで再流行のきざしがある。
→関連項目カッワーリーターラブ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

大正琴

大正時代に名古屋で生まれた楽器で演歌の演奏などに使用されます。数字で表された音階ボタンを押すだけで弾く事ができるので、誰でも容易に楽しめる楽器として広く普及しました。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

音楽用語ダスの解説

大正琴

琴というよりはスチール・ギターに近い。1912年(大正元年)、名古屋の発明家・音楽家の森田吾郎が制作。長さ約60cm、幅12~15cmの胴に2本の金属弦が張られ、タイプライターに似たキーが装着されている。左手でキーを押し、右手に持ったピックで弦をはじいて演奏する。奏法の容易さ、値段の安さ、また店頭でのデモンストレーション演奏や即席のレッスンなど積極的な宣伝活動、さらに楽器を持つことが豊かさのシンボルになった当時の風潮もあって爆発的に流行した。昭和10年代以降一時低迷したが、古賀政男のいわゆる古賀メロディーとともに再び人気が出た。独奏のほかにソプラノアルトなど音域の違う楽器による合奏も盛ん。哀調を帯びた音色で、流行歌や民謡のほか、西洋音楽も演奏される。現在では電子大正も製造されている。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいしょうごと【大正琴】

日本の弦楽器(イラスト)。〈たいしょうきん〉とも。大正の初め,名古屋の月琴奏者川口音海(仁三郎)こと森田伍郎が創案二弦琴にピアノの鍵盤装置を応用,タイプライターないしレジスターなどの押しボタンを取り付けて,これを左手で押すことによって,弦を上部に取り付けた譜板に押し付けさせ,半音間隔の音列を容易に出すことができるようにしたもの。開放弦を低いソとして,以下押しボタンに,♯,♯,……と数字譜を記し,高いソ()まで2オクターブにわたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいしょうごと【大正琴】

大正初期、月琴奏者の森田伍郎が創案した弦楽器。長さ60~70センチメートル、幅約15センチメートルの中空の木の胴の上に金属弦二本を張り、上部に鍵盤を設けたもの。左手で鍵盤を操作し、右手に持った爪で弾く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大正琴
たいしょうごと

日本の箱型撥弦(はつげん)楽器。「たいしょうきん」ともよばれる。大正初期、月琴(げっきん)奏者の森田(ごろう)が二絃琴(にげんきん)を改造したもので、全長約60センチメートル、幅約15センチメートルの胴に同音に調律した2本の弦を張り、その上にピアノの鍵盤(けんばん)を模した押しボタンが半音階で約二オクターブ分、配列される。のち3~9弦のものもつくられた。左手で押しボタンを操作し、右手の義甲で弦をはじき単旋律を奏する。ボタンに付された数字を頼りに容易に演奏でき、かつ安価であるため大正期には全国的に流行したが、しだいに下火となった。インドなどにも伝わり、イスラム教賛歌の伴奏に使われた。[藤田隆則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大正琴の言及

【大正琴】より

…二弦琴に代わって,大正期に流行,芝居や寄席の下座にまで用いられた。東南アジア,インド,ハワイ,アフリカなどにまで輸出され,それらの地域では,日本のコトといえば,この大正琴を指す場合もある。インドではブルブルタラングbulbultaraṅgとかバンジョーbanjoなどとも呼ばれ,イスラム教の賛歌の伴奏にまで用いられたことがある。…

【二弦琴】より

…ただし,2弦はすべて同律に調弦されるので,複弦の一弦琴とみなすこともできる。八雲琴(やくもごと),竹琴(ちつきん),東流(あずまりゆう)二弦琴があり,大正琴(たいしようごと)もそれらの改良楽器である。二弦琴に1弦を加えて3弦としたものに,大和琴(やまとごと)または初瀬琴と称するものや,田村竹琴創案の竹琴などがあったが,伝承は絶えている。…

※「大正琴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大正琴の関連キーワード吉岡 錦正(2代目)鈴木 琴城(初代)吉岡 錦正(初代)田中 ゆき渡辺えりか琴・箏・筝国吉 シゲ大正時代庄司まり田中ゆき宮崎裕子光崎千実二絃琴中空

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大正琴の関連情報