ターレボフ(英語表記)Ṭālebof

世界大百科事典 第2版の解説

ターレボフ【Ṭālebof】

1834‐1911?
アゼルバイジャンの文学者,啓蒙思想家。タブリーズに生まれるが,16~17歳のとき,ザカフカスに移住。ダゲスタン地方に居を定め,40代後半から文筆活動に入る。作品はすべて母語のアゼルバイジャン語ではなくペルシア語を用いて著し,イランの〈立憲文学〉の重要な担い手の一人となる。代表作に,ヨーロッパの新しい知識を紹介する《人生の諸問題》や《慈善者の道》などがある。【八尾師 誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ターレボフ
Tālebof


1834 - 1911.(?)
アゼルバイジャンの文学者,啓蒙思想家。
タブリーズ生まれ。
16〜17歳の時、ザカフカスに移住し、40歳代後半に文筆活動に入る。作品はペルシャ語を用い、イランの「立憲文学」の担い手の一人となる。代表作に「人生の諸問題」、「慈善者の道」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android