ダイナンギンポ(読み)だいなんぎんぽ(英語表記)ribbed gunnel

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ダイナンギンポ」の意味・わかりやすい解説

ダイナンギンポ
だいなんぎんぽ / 大灘銀宝
ribbed gunnel
[学] Dictyosoma burgeri

硬骨魚綱スズキ目タウエガジ科に属する海水魚。北海道南部以南の日本各地と朝鮮半島南部、黄海(こうかい)、渤海(ぼっかい)に分布する。体は側扁(そくへん)し、帯状である。頭部には低い皮質突起がある。側線は複雑につながって網目状に配置する。背びれ後部の7~10本の長い軟条を除いて、短くて鋭い棘(とげ)からなる。背びれと臀(しり)びれは尾びれと連なっているが、それらの間に浅い欠刻がある。腹びれは小さい1棘(きょく)で、ときには消失する。内湾や入り江の藻場(もば)、潮だまり(タイドプール)、沿岸の岩礁域などにすむ。生後2年で体長17センチメートルほどになり、成熟する。産卵期は冬から春で、北ほど遅い。雄は体を卵塊に巻き付けて保護する。全長約30センチメートル。肉は不味で食用としての価値はない。

[尼岡邦夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ダイナンギンポ」の意味・わかりやすい解説

ダイナンギンポ
Dictyosoma burgeri

スズキ目タウエガジ科。体長 25cmになる。体は細長く,側扁する。体側の側線は網目状。背鰭は長い棘条部と短い軟条部から成り,項部から始り,臀鰭とともに尾鰭に連なっている。腹鰭は喉位で,退化的である。日本各地から朝鮮半島南部にかけて分布し,海岸の岩礁域に棲息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android