コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイナンギンポ ダイナンギンポ Dictyosoma burgeri

2件 の用語解説(ダイナンギンポの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイナンギンポ
ダイナンギンポ
Dictyosoma burgeri

スズキ目タウエガジ科。体長 25cmになる。体は細長く,側扁する。体側の側線は網目状。背鰭は長い棘条部と短い軟条部から成り,項部から始り,臀鰭とともに尾鰭に連なっている。腹鰭は喉位で,退化的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイナンギンポ
だいなんぎんぽ / 大灘銀宝
ribbed gunnel
[学]Dictyosoma burgeri

硬骨魚綱スズキ目タウエガジ科に属する海水魚。北海道南部以南の日本各地と朝鮮半島南部、黄海(こうかい)、渤海(ぼっかい)に分布する。体は側扁(そくへん)し、帯状である。頭部には低い皮質突起がある。側線は複雑につながって網目状に配置する。背びれは後部の7~10本の長い軟条を除いて、短くて鋭い棘(とげ)からなる。背びれと臀(しり)びれは尾びれと連なっているが、それらの間に浅い欠刻がある。腹びれは小さい1棘(きょく)で、ときには消失する。内湾や入り江の藻場(もば)、潮だまり(タイドプール)、沿岸の岩礁域などにすむ。生後2年で体長17センチメートルほどになり、成熟する。産卵期は冬から春で、北ほど遅い。雄は体を卵塊に巻き付けて保護する。全長約30センチメートル。肉は不味で食用としての価値はない。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイナンギンポの関連キーワードナガヅカブリマアジマダイアカゼアサヒダイゴウシュウマダイシズマルアジナガヅカ(長柄)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイナンギンポの関連情報