ダイフウシノキ(英語表記)chaulmoogra tree

世界大百科事典 第2版の解説

ダイフウシノキ【chaulmoogra tree】

インドシナ方面に自生するイイギリ科の常緑高木で,種子をしぼって大風子油をとる。高さ20mに達する。葉は互生し,有柄で披針形,長さ10~30cm,革質で光沢があり,ふちに鋸歯はない。花は雌雄異株で腋生(えきせい)し,数個ずつ短穂上につく。萼片は5個,花弁は5枚,おしべまたは退化したおしべは5~8個で離生。子房は1室で3~5個の胎座があり,多数の胚珠をつける。果実球形で径8~12cm,未熟果は外面褐色の軟毛を密生するが,熟すと果皮は木質化して表面はざらつく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android