コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大風子油 だいふうしゆhydnocarpus oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大風子油
だいふうしゆ
hydnocarpus oil

ダイフウシの種子を圧搾してとるバター状油。黄色ないし黄褐色の特異臭をもち,融点 22~39℃。古来ハンセン病の特効薬として用いられてきたが,プロミンによって取って代られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大風子油【だいふうしゆ】

東南アジア原産イイギリ科植物の種子(大風子)からとれる脂肪油。黄〜黄褐色の液体,刺激味,特異臭。かつてハンセン病の治療剤として用いた。主成分はチョールムグラ酸とヒドノカルプス酸のグリセリンエステル。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいふうしゆ【大風子油 chaulmoogra oil】

イイギリ科のダイフウシノキの種子を種皮を除き圧搾して得られる油脂。これは,不飽和環状基を有する脂肪酸,すなわちヒドノカルピン酸hydnocarpic acid,チャウルムーグリン酸chaulmoogric acid,ゴルリン酸gorlic acidと,少量のパルミチン酸などの混合物のグリセリンエステルである。種子の含油率38%,核55%。融点22~39℃,d430=0.946~0.952,屈折率nD20=1.4751~1.4771,ケン化価197~215,ヨウ素価85~105,[α]D30=+43.5~+51.2。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいふうしゆ【大風子油】

大風子の成熟種子からとった黄色の脂肪油。かつてハンセン病の治療に用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大風子油の言及

【ダイフウシノキ】より

…インドシナ方面に自生するイイギリ科の常緑高木で,種子をしぼって大風子油をとる。高さ20mに達する。…

※「大風子油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大風子油の関連キーワードダイフウシ(大風子)ヨウ素価

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android