コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダシュティー ダシュティー Dashtī, `Alī

3件 の用語解説(ダシュティーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダシュティー
ダシュティー
Dashtī, `Alī

[生]1896. イラクカルバラー
[没]1982
イランの作家。 1918年祖国イランに帰ったのち,自由思想家として政府批判を行い投獄されたが,48年以降体制に順応,53年上院議員となった。『獄中の日々』 Ayyām-e maḥbas (1921) 発表以来,『フェトネ』 Fetne (43) ,『蔭』 Sāye (46) など短編小説を執筆。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ダシュティー【Dashtī】

1895‐
イランの作家,文学評論家。シーア派の聖地カルバラーに生まれる。レザー・シャークーデタ(1921)に際し投獄され,獄中体験を盛った《幽囚の日々》(1921)をはじめ,《フェトネ》《ヘンドゥー》等の社会小説を著す。ジャーナリズムや政治にも関与し,1921年《赤い黎明》紙発刊,41年正義(アダーラ)党を創設。48年体制側に転向,53年上院議員に選出され,駐エジプトレバノン大使を歴任。ペルシア古典詩人(ハーフィズサーディーウマル・ハイヤームら)に関する評論で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

20世紀西洋人名事典の解説

ダシュティー
Dashtī


1895 - ?
イランの小説家,文芸評論家,政治家。
元・イラン駐エジプト大使。
カルバラー生まれ。
1921年レザー・シャークーデターで投獄された。「赤い黎明」紙を発行し、’41年正義党を創設した。’48年体制側に転向し、’53年上院議員となる。駐エジプト大使、駐レバノン大使を歴任した。主著に「幽囚の日々」(’21年)、「フェトネ」「ヘンドゥー」等がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダシュティーの関連キーワードコムナジャフバーブ教イランのクルドシーアイランド綿ホメイニ廟グレイシー・アレン殺人事件イラクのスンニ派、シーア派イラクのスンニ派とシーア派シーア派とスンニ派

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone