幽囚(読み)ゆうしゅう

精選版 日本国語大辞典「幽囚」の解説

ゆう‐しゅう イウシウ【幽囚】

〙 人を捕えてとじこめること。人が捕えられて、とじこめられること。また、その人。めしうど。とらわれびと。
※史記抄(1477)一二「其時でうち死たらば只をかしいものまでであらうぞ」 〔戦国策‐秦策・昭襄王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「幽囚」の解説

【幽囚】ゆうしゆう(いうしう)

拘禁される。〔列子、力命〕(きう)敗れ、召忽は之れに死せり。吾(われ)は幽囚せられて辱(はづかし)めを受けたるも、鮑叔(はうしゆく)はを以て恥無しと爲さず。我が小を羞(は)ぢずして、名の天下に顯はれざるを恥づるを知ればなり。

字通「幽」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android