コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順応 じゅんのう adaptation

翻訳|adaptation

9件 の用語解説(順応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

順応
じゅんのう
adaptation

一般的には生物がその環境に,より適したものに変化していく現象をさすが,遺伝的変異自然選択が働くものと遺伝的変化を伴わないものとに区別される場合,特に J.ピアジェによれば,後者を適応に対して順応という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐おう【順応】

[名](スル)じゅんのう(順応)

じゅん‐のう〔‐オウ〕【順応】

[名](スル)《「じゅんおう」の連声(れんじょう)
環境や境遇の変化に従って性質や行動がそれに合うように変わること。「新しい生活に順応する」「順応性」
外界からの刺激に対して、感覚器官が慣れていくこと。「明暗順応

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

順応【じゅんのう】

生物の生理的性質が,環境条件の変化に適合するような方向へ変化する現象。温度順応高度順応塩分順応などがあり,一般に非遺伝的で,可逆的な変化である。順化は順応とそれほど明確に区別されるわけではないが,気候順化高地順化という使われ方からもわかるように,順応よりも長期にわたる変化をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

順応

 →馴化

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

順応

人が自分の内的状態や機能および行動を生活環境に適合させること。1)感覚的順応と、2)社会的順応がある。 1)は、感覚器官が一定の刺激を受け続けた結果、その刺激に慣れ、感覚の質・明瞭さ等が低下することをさす。たとえば、明るい場所から暗い場所に移ったとき目が見えなくなる。しばらくたつとその中でもある程度目が見えるようになる。これを暗順応といい、逆の場合を明順応という。 2)は適応と同義。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんのう【順応】

生物個体の生理的性質が,環境条件の変化に応じて,生存に有利な方向に徐々に変化する現象。たとえばメダカなどの淡水魚が徐々に塩水になれて,最終的に海水でも生活できるようになる塩分順応,高温や低温で飼育された動物が,それぞれ高温や低温に強くなる温度順応,空気の希薄な高地に数日~数週間滞在すると血中ヘモグロビンが増加し,肺や心臓の機能が調整されて平常に近い活動ができるようになる高度順応など,さまざまの環境要因にたいする順応がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅんおう【順応】

( 名 ) スル

じゅんのう【順応】

( 名 ) スル
環境や境遇の変化になれること。 「環境に-する」 「 -性」
生物体の機能・性質・状態が、与えられた外部条件の持続的な変化に応じて変化すること。
〘心〙 感覚器官が同一刺激を連続して受容すると、それに対する感受性が低下する現象。匂いに対する嗅覚の順応や視覚の明順応・暗順応の類。 → 暗順応明順応

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の順応の言及

【感覚】より

…これはオペラント条件づけの方法を用いて,感覚刺激とそれによって引き起こされる行動の変化を観察,計測するものである。例えば視覚でよく知られている暗順応の時間経過をハトを使って行った実験が有名である。ハトに,刺激光を見たときにAのキーをつっつき,刺激光が見えないときBのキーをつっつくようオペラント条件づけの方法で学習させる。…

【触覚】より

…2点弁別では男女差はない(図2)。 一定の刺激が続いているにもかかわらず,感覚の強さがしだいに弱くなるか消失することを順応(なれ)という。完全ななれにいたるのに要する時間は刺激の強さに比例する。…

※「順応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

順応の関連キーワード異方性体内時計環境変異汽水個体変異指標種相変異環境因子メタトロピー

順応の関連情報