コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダットサン 11型フェートン

1件 の用語解説(ダットサン 11型フェートンの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ダットサン 11型フェートン

現存する最古のダットサン車。ダットサン車は1931年に発売され(10型、495cc、10ps/3700rpm)、市販1年目は約10台が生産され、32年には11型として約150台が生産された。その後1933年に自動車取締令が改正されて750ccに排気量アップされ、車種は4人乗セダンクーペフェートン、ロードスター、ライトバントラックの各種が製造された。1935年には横浜工場でシャシーからボディーの一貫生産が加わり、大阪工場との並行生産で、年間3800台を生産する当時としては画期的大量生産車となった。当時ダットサン車は、1)国産車である2)値段が安い(価格:1350円)3)日本の道路事情に適している4)燃料費が安い5)無免許で運転できる(当時気筒容積が750cc以下の自動車は運転免許が不要だった)など、の特徴が認められ、自家用車タクシーとして需要が急速に増大し、「ダットサン」の名称は「小型車代名詞として使用されるほどに普及した。また、アメリカスペインポルトガルインドブラジル等の世界各国にも輸出された。(当時の輸出実績、1934年44台、35年53台、36年87台)保管場所日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
製作(製造)年1932
製作者(社)日産自動車株式会社
資料の種類量産品
現状保存・非公開
車名ダットサン
モデル名11型フェートン
会社名日産自動車(株)
製作開始年1932
車種・用途乗用車
実車所在/模型日産自動車・座間
スタイルセダン
ドア数2ドア
乗員4名
車両重量400kg
エピソード・話題性現存する最古のダットサン
バンパーなし
ステップあり
全長2,710mm
全幅1,175mm
タイヤサイズ゙24\"-4\"
特徴ボディは梁瀬自動車や日本自動車で架装
軸距1,880mm
前トレッドx後トレッド965mm×965mm
特徴シャシーは日産の前身の戸畑鋳造自動車部大阪工場製
冷却/気筒配列水冷/直列4気筒
弁機構SV
内径x行程56mm×76mm
排気量747cc
最高出力/回転数12ps/3000rpm
過給機なし
可変システムなし
ハイブリッドシステム形式なし
変速機3速・D/S
モード燃費-
参考文献1)『日産自動車30年史』日産自動車、1965年2)『ダットサンの50年』(別冊CG)二玄社、1983年
その他事項足ブレーキ:ドラム;最高速度:65Km/h

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダットサン 11型フェートンの関連キーワード現存祝詞グリーン車いとさんバクダットファイビー城ホットサンドイッチルプレヒト教会ワゴン車アウトサイドダック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone