コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダフニスとクロエ物語 ダフニスとクロエものがたりPoimenika ta kata Daphnin kai Chloēn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダフニスとクロエ物語
ダフニスとクロエものがたり
Poimenika ta kata Daphnin kai Chloēn

ギリシアの小説。2~3世紀頃のロンゴスの作。当時流行した恋愛冒険物語のなかでは出色の作品。舞台を主としてレスボス島の牧歌的な田園に限っている点が特異で,四季の美しい移り変りのなかで牧人のダフニスと羊飼いの娘クロエの清純な愛が展開される。2人の愛は恋がたきや海賊や戦争によって妨げられるが,やがて2人とも金持の市民の捨て子だったことが判明,めでたく結婚する。 (→エロチコイ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android