コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマスキオス Damaskios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマスキオス
Damaskios

[生]480頃
[没]550
ダマスカス出身の新プラトン派の哲学者。神秘主義者。アカデメイア最後の学頭 (520頃~529) 。アレクサンドリアのイシドロスの弟子,親友。ユスチニアヌス帝によるアカデメイア閉鎖後シンプリキオスらとともに一時ペルシアへおもむいた。残存する主著『第一原理についての問題と解決』 Aporiai kai lyseis peri tōn prōtōn archōnには,第一原理がまったき意味において実在世界の外にあり,人間の理性,言語をもっては及びがたいものであること,したがって人間は神秘的な方法で直接的無媒介的に第一原理に参じる可能性しかないことが述べられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダマスキオスの関連キーワード新プラトン学派アンモニオス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android