コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルバンガ ダルバンガDarbhanga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルバンガ
Darbhanga

インド北東部,ビハール州北部の都市。パトナ北東約 96km,バグマティ川左岸に位置し,マンゴーの林と大きなため池に囲まれる。米,ジュートを産するほか,製糖,靴紐製造が主産業。サンスクリット大学および博物館がある。人口 21万 8274 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ダルバンガ(Darbhanga)

インド北東部、ビハール州の都市。州都パトナの北東約100キロメートル、ガンジス川の支流バグマティ川沿いに位置する。周辺にはため池が多く、米・小麦・ジュートを産する。交通の要地。かつて同地を治めたマハラジャの宮殿が残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダルバンガ
だるばんが
Darbhanga

インド東部、ビハール州北部の都市。パトナの北東約96キロメートル、ガンジス川支流のカムラ川沿岸に位置する。人口26万6834(2001)。鉄道、道路交通の要地で、小麦、トウモロコシなどの集散、加工の中心地である。かつての領主マハラジャ・ディ・ラジャの宮殿がある。[中山晴美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダルバンガの関連キーワードダーバンガ