コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビハール州 ビハールBihār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビハール〔州〕
ビハール
Bihār

インド北東部の州。ネパールと国境を接し,ガンジス川平原の東部を占める。州都パトナ。古代マウリヤ朝,グプタ朝故地として知られる。イギリス統治時代にはベンガルに属していたが,1956年の州再編成で州域が確定。 2000年州のほぼ南半分がジャルカンド州として分離した。毎年6月から 10月にかけて吹く南西モンスーンがもたらす雨を利用して米作が行われるほか,サトウキビ,ムギ類,トウモロコシジュート,タバコなども栽培される。面積9万 9200km2。人口 8287万 8796 (2001) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビハール州の関連キーワードインド共産党毛沢東主義派ラーム ジャグジーバンチャンドラグプタ1世C.P.N. シンジャムシェドプールジャムシェドプルジャールカンド州マイティリー方言ランチ(インド)ダルトンガンジガンダキ[川]パータリプトラボードガヤー印度山日本寺ナーランダーバーガルプルカティハールラジギールガンダク川ビルホル族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビハール州の関連情報