ビハール州(読み)ビハール(英語表記)Bihār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビハール〔州〕
ビハール
Bihār

インド北東部の州。ネパールと国境を接し,ガンジス川平原の東部を占める。州都パトナ。古代マウリヤ朝,グプタ朝故地として知られる。イギリス統治時代にはベンガルに属していたが,1956年の州再編成で州域が確定。 2000年州のほぼ南半分がジャルカンド州として分離した。毎年6月から 10月にかけて吹く南西モンスーンがもたらす雨を利用して米作が行われるほか,サトウキビ,ムギ類,トウモロコシジュート,タバコなども栽培される。面積9万 9200km2。人口 8287万 8796 (2001) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビハール州の関連情報