コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダロー Darrow, Clarence (Seward)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダロー
Darrow, Clarence (Seward)

[生]1857.4.18. オハイオ,キンズマン近郊
[没]1938.3.13. シカゴ
アメリカの弁護士オハイオ州の公立学校を出て弁護士となり,企業の独占を批判し労働者を保護する立場に立って活躍し,進歩的な弁護士としての名声を得た。 1925年のスコープス裁判では進化論の教育を弁護し,34年には全国復興局 NRAの独占助長傾向を批判する調査報告書を作成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のダローの言及

【ダローの書】より

…675年ごろ製作。中世を通じて聖コロンバの手になるものと信じられ,10世紀にアイルランド王フランによって聖遺物箱に収められて同聖人の創設になるダロー(オファリー県)の修道院に伝えられた。大きさは24.5cm×14.5cmで,248葉を数える。…

※「ダロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダローの関連キーワードプティ・パレ美術館ホンダ ロードパルゲンチオビオースコロマンデル海岸モスクワ芸術座カダルール4月18日ダローの書ダロールカクテル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android