コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンガリー Dhangarhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンガリー
Dhangarhi

ネパール西部,セチ地方の行政中心地で,ヒマラヤ山脈南麓の町。インドの鉄道の終着の町ガゥリファンタと国境で接する。ネパール西部山地マハカリ地方ダンデルドゥラ町に通じる自動車道始点になっている。米,ジュートジャガイモなどを産する。人口約 3000。

ダンガリー
dungaree

経に未ざらし糸,緯に藍染などの染糸を使った織物デニムに似た織物だが,未ざらし糸と染糸の使い方が逆になる。シャツ,パンツやカジュアルな服に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダンガリー(dungaree)

デニムの一種。デニムとは逆に、横糸に濃紺などの染め糸を用い、縦糸に漂白した糸を用いたもの。作業衣、遊び着などにする。もと、インド産粗製の綿服地。→デニム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ダンガリー【dungaree】

デニムの一。デニムとは逆にたて糸にさらし糸、よこ糸に染め糸を用いたもの。遊び着・作業服などにする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ダンガリーの関連キーワードドンゴロス作業服

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android